アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > どんぶり勘定では成功しない。知っておきたいアパート経営の税金と費用

どんぶり勘定では成功しない。知っておきたいアパート経営の税金と費用

税金は所得税、住民税、事業税の3種
アパート経営の収入は、家賃、敷金などですが、入居者から徴収する共益費や建物の破損などによる実費なども収入とされます。この中から必要経費を払っていくわけですが、まず税金について説明しましょう。アパート経営など不動産所得は、収入-経費=所得という算式から得られます。この不動産所得の金額をもとに所得税が計算されます。そして、その結果から住民税と事業税が計算されます。不動産所得が赤字の場合はほかの給与所得や事業所得などと相殺して計算することができます。これは損益通算というもので、アパート経営が節税法としても効果的とされるのはこのためです。


何かと費用がかかるアパート経営
費用の面では、まずアパートローン(融資)の返済があります。次に団体信用生命保険、火災・地震保険といった保険料。毎月出ていく経費ですからバカになりません。次に修繕費。建物は年数がたつうちに劣化していきます。その劣化に対する修繕や補修のための費用のことです。修繕費は高額となるため賃料の3~5%程度を修繕積立金としていきます。次に入居者管理や清掃業務などを業者に任せている場合には管理業者へ報酬支払いがあります。清掃だけでも家賃の5%程度が相場です。アパート経営には何かと費用がかかるものですね。


複数の会社から話を聞くのがコツ
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - どんぶり勘定では成功しない。知っておきたいアパート経営の税金と費用 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP