アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパートマンション建築、デザイナーに依頼することは?【スタッフブログ15話】

アパートマンション建築、デザイナーに依頼することは?【スタッフブログ15話】

建築において、書店やTV等で、匠の建築士、有名デザイナー建築士などと世間を賑わしています。

アパート、マンション建築においては、このような有名な建築士に依頼することは、良いのか悪いのか、考えてみたいと思います。

 

過去の経験からみた、デザイナーによる、賃貸住宅!

デザイナー賃貸物件は、一般的な賃貸住宅と比べ個性的で素晴らしいと思う物件もあれば、正直、個性すぎて、『えっ?』と思うような物件もあります。また、デザインはカッコイイのに、使い勝手が悪い物件もありました。

とにかく、デザイナーズ物件は、個性的で物件によって、良くも悪くも感じるといった印象です。

入居者の斡旋をしていた頃、様々な入居希望者をご案内しましたが、デザイナー物件は、人によって評価が非常に異なりました。

確かに差別化という点においては、非常に理に適っていると思いますが、やはり、ハイリスクだと考えざるを得ないです。

 

デザイナー賃貸住宅は、建物の建築費は高くなる!

デザイナーに依頼するということは、洋服で例えると、オーダーメードの様なものです。当然、建築部材も特注になるため、建築コストは高くなります。基本的に、ハウスメーカーは建材や設備など、同じものを大量に仕入れることによってコストを削減しているからです。

また、建築費は水回りの配置によっても変わってきます。デザイナーはその点を考慮しているのであれば問題ありませんが、デザインを優先するあまり、水回りを度外視するのであれば、当然建築費は高くなるでしょう。

 

デザイナー賃貸住宅はどうなのか?

様々なマーケティングの結果、ニーズを捉えたデザインであり、賃料を上げることが出来るのであれば良いと思います。ただ、時代の流れが、はやい今日において、20年、30年とそのデザインが人気であることは、難しいと思います。

アパート、マンション建築において熟練者なら、差別化という点で、良いと思いますが、素人の方が、安易にデザイナーズ賃貸物件に手を出すことは、非常にリスクが高く、あまりお勧めしません。素人の方は、おそらく自分自身が気に入った為に、そのデザイナーに依頼するからです。それは、非常に危険なことです。

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパートマンション建築、デザイナーに依頼することは?【スタッフブログ15話】 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP