アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパートローンは事業融資だから、住宅ローンとはこのあたりが違ってくる

アパートローンは事業融資だから、住宅ローンとはこのあたりが違ってくる

「審査」の比重が大きくなるアパートローン
アパートローンとは自宅を購入するのではなく、自分が居住しないアパートなどの建築・建設・購入するために利用するローンです。アパート経営やマンション投資などの不動産に投資をして、そこで入居者に住んでもらい、その賃料収入からアパートローンを返済していきます。一般の住宅ローンとはどう違うのでしょうか。ひと言でいいますと、ひとつの事業融資ということになりますから「審査」の比重が大きくなると言っていいでしょう。物件に対する審査はもちろん、個人の信用調査などが行われることになります。


ローン設計はレバレッジを目一杯きかせる?
さて、ローン申請にあたってはどのくらいの金額が可能なのでしょうか。言い換えますと、どのくらいの自己資金を用意すればいいかということです。常識的には物件価格の3割は自己資金として用意したいところですが、それは一般の住宅ローンの常識にすぎません。アパートローンでは「レバレッジ」を考慮した融資を考えてもいいかもしれません。レバレッジとは少額の資金で最大の投資効果を得ようという考え方。ケースによっては頭金を極力おさえて、フルローン(全額融資)という、レバレッジを目一杯きかせたローン設計を考えてもいいかもしれません。


アパートの建築・購入のコツは複数の会社から話を聞くこと
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパートローンは事業融資だから、住宅ローンとはこのあたりが違ってくる Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP