アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパート・マンションの建替えを考える!①

アパート・マンションの建替えを考える!①

■そろそろアパート建て替え時?と考えてはいるものの。。。。

建て替えとは現状の入居者に退去をお願いし、建物を全て空室にした上で、建物を解体して、新たな賃貸住宅(アパート・マンション等)を建築することです。

アパート・マンションの建て替えを考えた場合、新築物件となることで入居率や家賃のアップによる収入の増加が見込めますが、新しいローンを抱えることやアパート経営を続けていくことに不安を持つ方も多いと思います。

特に問題となるのが、現入居者との交渉です。

これまでの入居者の立ち退き問題などのリスクも考えられますので、慎重な対応が求められます。

しかしながら、耐震性の問題や空き室問題などから、老朽アパートをずっとそのままにしておくわけにもいきません。

 

 

■【建て替えを検討する前に】次の世代とコンセンサスがとれているか。

問題はそれだけではありません。

一番重要ともいえるポイントは、オーナーの後継者となる人の同意が得られているか、また賃貸経営に向いた人かどうか、という点です。

賃貸物件が老朽化してきたということは、おそらくオーナー自身も高齢者の方が多いケースが殆どでしょう。

ご高齢のオーナーさんが賃貸住宅の建て替えのために返済期間20年あるいは30年のローンを組もうとすれば、銀行は必ずオーナーのお子さんを連帯保証人に立てることを求めてきます。

つまり老朽化物件の建て替えでは次の世代の同意が不可欠となり、基本的にはお子さんが賃貸経営を引き継ぐという前提となります。建て替えを計画する前に、まずは、家族でよく話し合い、双方のコンセンサスをとることが必要です。

 

次回は、賃貸住宅建替えのメリットについてお話いたします。

 

「スゴい大家さん.com」は、ここがスゴい

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では、立退きについてのご相談や市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパート・マンションの建替えを考える!① Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP