アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパート建築で長期優良住宅を考える!【スタッフブログ26話】

アパート建築で長期優良住宅を考える!【スタッフブログ26話】

アパート建築において、長期優良住宅を考える!

数年前から国は政策で住宅長期優良住宅の促進を進めています。当然、住宅の中には集合住宅(賃貸住宅)も含まれます。今回は長期優良住宅のアパート建築について考えていきたいと思います。

 

長期優良住宅は、税の優遇が受けられます!

長期優良住宅とは、長持ちする家のことです。次の項目基準をクリアしている建物が長期優良住宅として認定され、様々な優遇が受けられます。

■劣化対策:構造体がおよそ100年程度維持できる

■耐震性:大規模な地震に対しても対応している建物

■維持管理・更新の容易性:内装や設備の管理(点検、補修、清掃など)を容易にできる建物

■可変性:入居者のライフスタイルの変化に応じて、間取りなど変更可能であること

■バリアフリー性:将来においてバリアフリー改修に対応できていること

■省エネルギー性:断熱性能等エコがされていること

■居住環境:その地域において、居住環境の維持向上ができている

■住居面積:良好な居室を確保できている。間取りの面積の基準がある。

■維持保全計画:建築時から将来をしっかりと考えて、点検や修繕などの計画されていること。

 

 長期優良住宅のデメリット!

デメリットとしては、建築費が大幅に高くなってしまい、申請料もかかります。また、建築後の管理についても定期的なメンテナンスが必要であるため、ランニングコストと労力を要するため大変です。

 

アパート建築の際は、比較検討が大事!

長期優良住宅は、メリットを受けられる良さもありますが、初期投資が高くなり収支が悪くなるケースが多いです。ハウスメーカーや工務店等は、長期優良住宅を謳い文句に営業している場合もありますが、目に見えにくい建築後の定期的メンテナンス費用なども視野に入れなければなりません。もし、長期優良住宅を建てようと考えている方は、一般的な建物の見積もりもハウスメーカーから提出してもらい、事業計画(収支)を、きちんと比較検討することが重要です。

 

アパート建築・購入のコツは複数の会社から話を聞くこと

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査からアパート建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円、何億円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。アパート建築を検討の方は「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパート建築で長期優良住宅を考える!【スタッフブログ26話】 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP