アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパート建築にもいろんな工法があると聞いた。最近の先進工法は?

アパート建築にもいろんな工法があると聞いた。最近の先進工法は?

近年増えている「プレハブ工法」
アパート建築の工法には、在来工法、2×4工法、RC工法、鉄骨工法などがあります。在来工法はメンテナンス(リフォーム)がやりやすく、オーナーにとってメリットの大きい工法です。また最近、増えているのが「プレハブ工法」です。工場で建物の部材を製作し、現場で組み立てていくのですが、工法そのものはそう新しいものではなく、アパート建築でよく使われるようになったのが近年ということですね。プレハブ工法によるものは、平米単価がとても安く済むことが多く、場合によっては木造よりも安く仕上がることが大きなメリットです。


地震対策の基礎補強工事で新工法も誕生
建物そのものばかりでなく、塗装などでも日々新しい工法が生まれています。例えばD社はアパートなど集合住宅向けの外壁リフォームの新工法を開発しました。経年劣化で生じた凸凹を透明な塗料で平らにすると外壁の元の色が鮮明に見えるというものです。従来の塗り替え方式に比べますと、費用が約1割少ない上、多色使いの外壁にも対応できます。またS社はアパートや個人住宅などの小規模建築物を対象に、地盤改良による基礎補強工事の工法を開発しました。これにより地震対策や施工スケジュールの短縮化を図ることができるので注目されています。日進月歩の建築工法です。


「スゴい大家さん.com」は、ここがスゴい
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では、市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパート建築にもいろんな工法があると聞いた。最近の先進工法は? Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP