アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパート建築知識編 【建蔽率】

アパート建築知識編 【建蔽率】

アパート建築を計画する場合、間取りやプランに大きな影響を与える建蔽率についてお話いたします。

 

≪建蔽率とは≫
土地の敷地面積に対する建物面積の割合のことです。火災が発生した場合、敷地いっぱいに建物が建っていると隣の家に火が燃え移りやすくなります。そこで、安全性の観点から敷地内に適度な空間を確保するため、このような規制がなされたのです。

 

■建築物の建築面積
土地の面積が100㎡の場合、例えばこの地区の建蔽率が都市計画で40%に定められていたとします。40㎡まで建築面積の建物を建てることができます。計算式で表すと、100㎡×40%=40㎡となります。

 

≪都市計画の定める用途地域により制限の表≫

用途地域

原則

防火地域内の

耐火建築物①

角地等②

①かつ②

第一種低層住居専用地域

第二種低層住居専用地域

第一種中高層住居専用地域

第二種中高層住居専用地域

30%、40%

50%、60%

原則+10%

原則+10%

原則+20%

第一種住居地域

第二種住居地域

準住居地域

準工業地域

50%、60%、80%

原則+10%

【原則80%の場合は】

⇒100%

原則+10%

原則+20%

近隣商業地域

60%、80%

原則+10%

【原則80%の場合は】

⇒100%

原則+10%

原則+20%

商業地域

80%

100%

90%

100%

工業地域

50%、60%

原則+10%

原則+10%

原則+20%

用途地域の指定のない区域

30%、40%、50%、60%、70%

原則+10%

原則+10%

原則+20%

アパート建築・購入のコツは複数の会社から話を聞くこと

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査からアパート建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円、何億円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。アパート建築を検討の方は「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパート建築知識編 【建蔽率】 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP