アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパート建築知識編 【用途地域について】

アパート建築知識編 【用途地域について】

アパート建築を行う上で、重要になる用途地域!用途地域の種類によって建てられる建物も変わってきます。

 

用途地域とは?

都市計画法地域地区のひとつで、建物の用途に一定の制限を行なう地域です。12種類があり住居、商業、工業など土地の利用を定めるものです。

 

 ≪用途地域の種類と説明≫

用途地域

説明

アパート

建築

店舗

第一種低層

住居専用地域

低層住宅の良好な住環境を目的とした地域。(床面積の合計が)50m²までの住居を兼ねた小さな店舗などが建てられる。

第二種低層

住居専用地域

主に低層住宅の良好な住環境を目的とした地域。150m²までの小規模な店舗などが建てられる。

第一種中高層

住居専用地域

中高層住宅の良好な住環境を目的とした地域。500m²までの一定条件の店舗などが建てられる。

第二種中高層

住居専用地域

中高層住宅の良好な住環境を目的とした地域。1500m²までの一定条件の店舗や事務所などが建てられる。

第一種住居地域

住居の環境を目的とした地域。小規模な工場や3000m²までの一定条件の店舗、事務所などが建てられる。

第二種住居地域

主に住居の環境を目的とした地域。大規模な店舗、事務所、小規模工場が建てられる。

準住居地域

道路の沿道において、自動車関連施設などと、住居が調和した地域。

近隣商業地域

店舗などの、業務の利便の増進を図る地域。延べ床面積規制が無い。

商業地域

主に商業等の業務の利便の増進を図る地域。高層ビルなども建てられる。

準工業地域

主に環境悪化の恐れのない工場の利便を図る地域。住宅や商店も建てることができる。

工業地域

主に工業の業務の利便の増進を図る地域。住宅、店舗は建てられる

工業専用地域

工業の業務の利便の増進を図る地域。

×

×

○:建築可  △:一定の条件のもと建築可  ×:建築不可

 

アパート建築・購入のコツは複数の会社から話を聞くこと

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査からアパート建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円、何億円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。アパート建築を検討の方は「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパート建築知識編 【用途地域について】 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP