アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパート建築、シェアハウスについての注意!【スタッフブログ32話】

アパート建築、シェアハウスについての注意!【スタッフブログ32話】

『シャアハウス』法の整備

『シェアハウス』というキーワードが最近テレビや新聞などでよく目にすることが多いと思います。

シェアハウスとは、一つの家を何人かで共有して暮らすことを言います。リビングやキッチン、浴室などを住んでいる人みんなで共有し、部屋は一人ずつ個室を利用するというものです。

このシェアハウスは、利回りの良さや、工事の手軽さなどで、近年増加傾向にあります。しかしながら、まだまだ法律の整備が整っていないため、様々なトラブルがおこっております。

そこで、国土交通省は今月6日に『寄宿舎』基準を適用とする告知がなされました。寄宿舎の基準は、一般住宅や事務所より防火性能の高い間仕切り壁を設けることなどがあります。

また一般社団法人マンション管理業協会などに対し、専有部分のリフォームに承認規定を設けるなどの規約改定を推奨する「周知文」をマンション管理組合などに配布するよう通知しました。

シェアハウスを検討しているオーナー様も寄宿舎基準ついて、再度建築会社、設計事務所や管理会社に確認してみる必要があります。

 

「スゴい大家さん.com」は、ここがスゴい

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では、あなたに合った賃貸アパート、賃貸マンション、サ高住、賃貸併用等に特化した建築会社を複数社紹介!土地活用に強い建築会社から、企画提案や、建築費用の見積もりをだしてもらえます。何千万円ものお金を投じて賃貸住宅の建築をするのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパート建築、シェアハウスについての注意!【スタッフブログ32話】 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP