アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > セキュリティーを考えたアパート建築を考える!【スタッフブログ27話】

セキュリティーを考えたアパート建築を考える!【スタッフブログ27話】

データーから防犯対策を考える!

警察庁が発表している『平成23年犯罪情勢』を見てみると、驚くべき実態がわかります。同書によると、年間148万件の犯罪が起きております。このうち侵入窃盗についての認知件数は、10,473件で共同住宅が18%もの被害にあっています。侵入口は『窓』が最も多くなっています。侵入する手段は、『無締り』と『ガラス破り』が目立っています。共同住宅も非常に侵入窃盗被害が多いことがわかります。防ぐ方法としては、地面に砕石を敷いたり、ガラス破りしにくい窓の設置などがあります。また、警察庁と連携して国土交通省が作成したガイドライン「防犯に配慮した共同住宅の設計指針」というものがありますので、参考にしてみてください。

 

賃貸住宅に高まる防犯対策!

こうしてデーターを見てみると、入居者の防犯志向が高まっていることも納得ができます。また、入居者が部屋選びにセキュリティーを重要視することもよく分かります。賃貸住宅に充実した防犯対策を施すことは、入居者に喜ばれ、付加価値として入居率の向上になります。これからアパートやマンションを建てる方は、防犯対策(セキュリティー)も考慮してアパート、マンション建築の計画を立てることをお勧めします。

 

アパート建築・購入のコツは複数の会社から話を聞くこと

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査からアパート建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円、何億円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。アパート建築を検討の方は「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - セキュリティーを考えたアパート建築を考える!【スタッフブログ27話】 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP