アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパート建築、ハウスメーカーと工務店の違い(メリット編)【スタッフブログ20話】

アパート建築、ハウスメーカーと工務店の違い(メリット編)【スタッフブログ20話】

アパート建築において建築業者を選ぶ際、素人は大手ハウスメーカーに依頼し、熟練者は大手ハウスメーカーを選ばないと話を聞きます。本日はハウスメーカーと中小工務店について、解説いたします。

住宅建築業界の歴史

昔は、大工さんと言われてる職人を抱える中小の工務店が建築業界を支えていましたが、現在は、ハウスメーカーと呼ばれる工業化に成功した建築会社が建築業界のシェアを独占しています。しかしながら、ハウスメーカーは実際に建物の工事をしません。現場で工事は担っているのは、下請けに転向した中小の工務店なのです。

 

ハウスメーカーと工務店のメリットについて

【ハウスメーカー】

■大きい規模の会社であるため倒産のリスクが低い

■現場が数多くあるため、実際に見に行くのが容易であり、実感できる。

■カタログなど会社資料が充実しているので、工法など分かりやすく建物のイメージもつきやすい

■専門デザイナーが手掛けいることが多いため、デザイン力がある

■融資において銀行の提携先が多い

■システム化されているため、工期が短い

■アフターサービスが充実している

 

【工務店】

■会社規模が小さいため、評判を大事にしていて、施工・アフターサビスの対応がきめ細かい

■狭小地や変形地においても施工対応できる

■自由設計であるため、土地を最大限生かした建物を建てられる

■広告費、営業費、開発費、運営費、人件費などのコストを多くかけないので、建築費が安い

■建築費が安いので、融資が通りやすくなる

 

アパート建築・購入のコツは複数の会社から話を聞くこと

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査からアパート建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円、何億円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。アパート建築を検討の方は「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

アパート建築、ハウスメーカーと工務店の違い(デメリット編)

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパート建築、ハウスメーカーと工務店の違い(メリット編)【スタッフブログ20話】 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP