アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 中古物件を購入。フローリング床にするか?クッションフロアにするか?

中古物件を購入。フローリング床にするか?クッションフロアにするか?

大家さんにメリットのあるクッションフロア、入居者に人気のフローリング
よく人気アパートの条件として、フローリング、エアコン付き、2階以上の部屋などといわれますが、これも近隣の物件と比較してどうかという相対的な条件にすぎません。床もフローリングが絶対とはいえません。どうしても古めかしく見えてしまい、20~30代の方から敬遠されがちなクッションフロアも、家賃が安いのだと理解してもらえば立派な武器になるといえます。クッションフロアは大家さんにとってはメリットが多く、単価的に安くおさまるのはもちろん、維持費も補修などで手がかからずタバコの焦げ跡などは簡単に修復できます。


賃貸アパートの魅力づくりは床材だけではない
逆に入居者の立場から見て、フローリングの方が人気なのは否めません。それはカーペットやマットを敷いて和風の使い方もできますし、高級感もあるからでしょう。ところで最近は選択肢が広がり、その2つに加えて、「ホモジニアス」、「コンポジション」といった樹脂系の床タイルも人気が出てきました。弾力性があり、光沢があるといったフローリングに劣らない魅力で話題になっています。また重歩行用長尺を使用した物件も出てきました。床材にはそれぞれメリット、デメリットがあるのですが、賃貸の魅力づくりは床材だけではないことも忘れてはなりません。
「スゴい大家さん.com」は、ここがスゴい
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では、市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみることができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 中古物件を購入。フローリング床にするか?クッションフロアにするか? Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP