アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 土地活用の新手法、高齢者向け住宅!

土地活用の新手法、高齢者向け住宅!

土地活用に高齢者向け住宅、施設は?

高齢化社会が着々と進んでいる今、国交省が提示している、住居系高齢者住宅は供給率がなんと0.9%である。政府は2020年までに、3%~5%を目標にしているにもかかわらず、高齢者住宅は全く足りていない状況です。

政府の目標を達成するためには、2020年までに、残り108万人から180万人分の高齢者向け住宅が必要ということになります。

今後、新しい成長分野の事業として、ますます注目されていくことでしょう。

 

注目するサービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、高齢者の単身、夫婦世帯が安心して居住できる賃貸等の住まいです。危険や不便の少ないハード面においては、バリヤフリー、一定の面積、高齢者用の設備が必要となります。また、高齢者が快適に過ごすために、生活相談や安否確認のサービスによる安心。さらに、地方公共団体が登録、指導、監督を行うという安心があります。

この制度は、平成制度23年10月から、スタートしました。それから、1年経過した今、すでに、申請数は、7万8000件を超えました。なんといっても、入居者の受け入れが柔軟であるということが、最大の魅了です。今後、高齢者住宅を支える住宅となることでしょう。

 

 アパート建築・購入のコツは複数の会社から話を聞くこと

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 土地活用の新手法、高齢者向け住宅! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP