アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 外壁のリフォーム。タイルは安価な外国製でも大丈夫?やっぱり国産を選ぶべき?

外壁のリフォーム。タイルは安価な外国製でも大丈夫?やっぱり国産を選ぶべき?

シックハウスと無縁のセラミックス材
見栄えがよく、耐久性もあるタイルはアパートの外壁にもってこいの建材です。外装に使われるタイルは初期費用がかかるものの、その後は張り替えがほとんど必要ありません。トータルでのコストを考えますと、とてもトクな建材とされています。またタイルは化学物質などを使わない「焼き物」であり、セラミックス質の材料のためにシックハウス(建物のリフォームなどで発生する有害物質が原因で起こる病気)などとも無縁です。数ある建材の中でも、特に長寿命、耐久性に優れるといわれる材料として人気があります。

 

輸入タイルも国内メーカーと遜色ない品質に

タイルは日本の他、中国、イタリア、タイ、スペインなどで作られていますが、手描きのスペインタイル、アートのイタリアタイルをしのいで圧倒的に多いのは中国製です。価格的に安いこともあって外壁タイルの輸入では中国産がほとんどといってよいくらいです。輸入タイルは、かつてはタイルの大きさに誤差があるといわれました。それに比して日本のタイルは精度が高く、目地を小さくとることができるといわれてきましたが、最近はそういうこともなく、輸入タイルも国内メーカーと遜色ない品質で注文も伸びているようです。価格的にメリットの大きい輸入タイルを選ぶのも悪くないでしょう。


「スゴい大家さん.com」は、ここがスゴい
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では、市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 外壁のリフォーム。タイルは安価な外国製でも大丈夫?やっぱり国産を選ぶべき? Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP