アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 時間がたてばたつほど劣化する建物の資産価値。その価値を維持するコツとは?

時間がたてばたつほど劣化する建物の資産価値。その価値を維持するコツとは?

築年数がたてば建物の維持はコスト高になる
建物は時間の経過により劣化していくものです。つまり老朽化ということです。問題はこの老朽化のスピードをどうやって減速するかということです。古くなって見た目が悪くなってきた、設備が最近のニーズに合わない、建物が古くなって水まわり・階段が危ないなど。こんな事態は絶対に避けなければなりません。築年数がたてばたつほど痛んでいる場所なども多くなるわけですが、その分コスト高となってしまうこともあります。しかし、適切な修繕積み立てを行っておけば大きな問題になることが少ないというのも事実なのです。


修繕計画表をつくって早め早めの修繕・リフォーム
修繕費は高額となることが多いため、家賃収入の一部を修繕費積立金として備えることになります。一般には賃料の3~5%程度を積立金とすることが多いようです。もう一つ、これと並行してやっておくべきことがあります。それは「修繕計画表」の作成です。屋根、外壁、廊下、階段、エアコン、給湯器など、修繕の内容とそれが必要とされる予想時期を一覧化して修繕費用を算出しておくのです。30年ほどの期間を設定しておけば、早めに手を加えることができ、資産価値の維持を計画的に考えていけると思います。


アパートの建築・購入のコツは複数の会社から話を聞くこと
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 時間がたてばたつほど劣化する建物の資産価値。その価値を維持するコツとは? Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP