アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 災害や火災が原因で家賃収入が入らないのも災害リスクの範囲に含まれる?

災害や火災が原因で家賃収入が入らないのも災害リスクの範囲に含まれる?

各種保険は経費として損金計上できる
アパート経営では種々雑多な出費があるものですが、そのすべてが経費として税法上認められるものではありません。確定申告により損金に計上できる費用として認められているものは、入居者紹介料、アパートローンの利息、給料(雇っている場合)、清掃費や管理費、広告宣伝費、建物の減価償却費、交通費などです。そして実は保険料も損金計上できる経費なのです。地震や火事、水害などによって建物の破損や破壊による金銭的な損害を被ったり、それらの被害にあったために入居者からの賃料収入がなくなったりしたときなどのリスクに備える保険なのです。


火災保険の契約は一括払いにしない方が節約になる
火災保険契約で注意したいことがあります。20~30年分の保険料を一括払いにする人がいますが、保険料の割り引きがあるというメリットはあっても、現実には年々建物の価値を減らしていくのがアパートです。最初は5~10年で契約をして、時期がきたら、その時点でアパートの価値に見合った保険に再度加入することで保険料の節約をするべきです。 また最近はアパートの入居者を対象とした損害保険も普及してきました。この保険への加入を入居条件とすることが多くなっています。賃貸管理する不動産会社に依頼すれば設定することができます。


アパートの建築・購入のコツは複数の会社から話を聞くこと
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 災害や火災が原因で家賃収入が入らないのも災害リスクの範囲に含まれる? Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP