アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 内装借家人負担型-2

内装借家人負担型-2

積極賃貸派向けの二方式

 自分の住まいを賃貸で(正確には賃借で)良いと考える借家人にも様々なタイプがいます。 1. やむなく派    持家・マイホームを持てず仕方なくアパートに住むという人 2. あきらめ派    今やむなくアパートというだけでなく、永久にマイホームは無理とあきらめてアパートに住む人 3. 一時派    たとえばマイホームがあるけれど、転勤などの理由で一時アパートに住む人 4.転々派    引越しが趣味、住いを3~5年ごとに転々と変える人(筆者の友人にいます) 5.積極派    お金はあっても他へ投資をして、マイホームには使わず、住いはアパートでよしと考えている人    借家人はこれら様々な理由や考え方でアパート・賃貸マンションを借りて住んでいます。    今の賃貸市場は、こうした様々な借家人の真のニーズを満していません。合い変らず「借家人とは貧乏でマイホームの持てない人」つまりここで言う1のやむなく派や2のあきらめ派にしか対応していません。    しかし、本当に高額の家賃を支払う借家人は5の積極派でしょう。長期間賃貸で住むことを前提にしていて、かつお金があるので自分の気に入った内装・設備にしたいと思う人たちです。今回紹介した内装借家人負担型や内装借家人指定型の二方式は、この積極派を取り込むための新しい借家契約の方式なのです。

 

(コンテンツ提供元:ハートアセットコンサルタンツ様

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 内装借家人負担型-2 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP