アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 空室リスクが心配。賃貸募集の不動産業者はどんな基準で選ぶべき?

空室リスクが心配。賃貸募集の不動産業者はどんな基準で選ぶべき?

地元で実績のある会社だったら安心と言われるが?
アパート経営で心配なのは、何といっても入居者が確保できるかということでしょう。つまり空室リスクということです。それを避けるためにも、入居者募集を任せる業者をどこにするかは大きな問題です。一般的には、地元で長年やっている実績のある会社を選ぶと間違いないといわれています。もちろん、空室回避の方法はそればかりでなく、一件あたりの空室による損失を極小化するため部屋の数を多くしたり、アパートのリフォーム(プチリフォームを含む)や人気の設備をプラスしたり、清掃をもっとしっかりするなどの物件自体の魅力を高めることが先決ではあるのですが。


パートナーとしての自覚があれば責任を持って対応してくれる
ここで少し違った角度から考えてみましょう。例えば入居者募集だけを委託している業者と、管理全般も任せている(管理委託)業者のどちらが頼りになるでしょうか。空室が出ればアパート経営の足を引っ張り、ひいては管理を任せされている自分たちまで影響があると考えるのは管理を任せされている会社の方でしょう。それはパートナーとしての自覚といえるかもしれません。そういう業者であれば自分が集めた入居者に不都合が発生した場合も、責任を持って対応をしてくれるはずです。  


アパートの建築・購入のコツは複数の会社から話を聞くこと
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 空室リスクが心配。賃貸募集の不動産業者はどんな基準で選ぶべき? Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP