アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパート経営にかかった費用はどうしたらいい?どんな費用でも損金計上できるのですか?

アパート経営にかかった費用はどうしたらいい?どんな費用でも損金計上できるのですか?

予想以上にかかった費用をなんとかできないか
アパート経営で発生する経費のことを税務上の用語で「損金」といいます。言葉からは悪い意味をイメージしますが、そうではなく確定申告などでは所得税などの税額をおさえることができます。アパート経営はいざ始めてみると予想以上に多くの費用がかかってくるものです。まず(1)修繕費(修繕積立金)・清掃費、(2)管理業者への報酬、(3)アパートローンの返済、(4)保険料(団体信用生命保険料、火災保険料・地震保険料)、(5)税金(固定資産税・都市計画税、所得税・住民税)、このほか法人としてアパート経営をしている場合には、法人所得税、法人住民税がかかります。


アパート経営にかかった費用はすべて損金計上
さて、損金とは税法上、売り上げから差し引くことのできる経費のことです。確定申告により損金と認められれば、その額は非課税として計算されます。上記のうち、(1)の全額、(2)の全額、(3)のうち利息分(金利)、(4)の全額以外に、人を雇っている場合の給料(家族の場合は状況により異なります)、広告を出した場合は広告宣伝費、建物の減価償却費のほか、交通費などの諸経費も含まれます。アパート経営のためにかかった費用はすべて損金計上できるわけで、これらは非課税分として控除されるのですから効果は大きいといえますね。

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では、市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパート経営にかかった費用はどうしたらいい?どんな費用でも損金計上できるのですか? Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP