アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 用途が広い2DK、家賃単価が高い1K。先々のメンテナンス、建て替えも考えながら設計する

用途が広い2DK、家賃単価が高い1K。先々のメンテナンス、建て替えも考えながら設計する

どんなアパートをつくるのか、それは将来の収入を左右する決定です。間取りでいえば一番用途が広いのは、1LDKです。比較的リッチな単身者、夫婦2人住まいなど入居者の幅が広いからです。家賃は当然1Kより高くなります。単身者用の1Kタイプは坪当たりの家賃単価が高いのですが、キッチン・トイレ・お風呂がつくので建築費がファミリータイプより割高になってしまう欠点があります。他物件との競争という面も考慮すれば、ペット用アパート、セキュリティ付アパート、オール電化アパート、高齢者用アパートなど、特徴あるアパートづくりを考えるのも競争力を高める方法のひとつです。

 

アパートの寿命は鉄筋コンクリートの場合、50年~60年くらいといわれています。最近は寿命の長い設計が多くなっていますが、それでも20年、30年の間、全くメンテンスなしとはいきません。あらかじめリフォームや修繕の計画を組み込んでおくことが、結果としてアパートの寿命を長くすることにつながります。築年数が経過するに従って空室リスクも上がっていくのですが、そうしたリスクを最小限にする意味でも定期的なメンテナンスは欠かせません。また、ある時期にきますと、いまお持ちのアパートを建て替えることで収益増が期待できる場合が多々あります。建て替えたときのシミュレーションも今後の参考にしてみてはどうでしょうか。

 

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数のアパート専門の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の建築会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 用途が広い2DK、家賃単価が高い1K。先々のメンテナンス、建て替えも考えながら設計する Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP