アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 親からアパートを相続することになりました。どうしたらいいのでしょうか?

親からアパートを相続することになりました。どうしたらいいのでしょうか?

いざとなって慌てないよう準備をしておく
親が亡くなった、あるいは長期入院することになったという場合、それまで経営していたアパートを引き受ける家族は大変なことになります。父親が一人でやっており、家族はほとんど事情を知らないという場合も少なくないでしょう。アパートを相続する、しないは突然の事態ではなく大体決まっていることでしょうから、相続が発生したときにいざとなって慌てないよう準備をしておく必要があります。管理会社に頼らず、すべて自分でやっていたとしたら、アパートの外灯が故障した、入居者が鍵を紛失したというたびに、家族は大慌てで飛び回ることになります。

まず毎日の運営管理をどうするのか?
そういう立場の人は日頃から管理者の自覚を持って行動したいもの。まずは頼りになる管理会社を見つけておきましょう。アパートの構造や、家賃、入居者、設備、修理の方法まで教えてくれること、入居者をすぐに探してくれること。そういったアドバイスが期待できる管理会社があれば、当面の緊急事態には対応できるはずです。相続といえばとかくお金の問題が話題になるのですが、ことアパートの相続ということになれば、税金やローンの問題よりも、まず毎日のアパート経営をどうするかという態度で取り組んでいきたいものです。


大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では、市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 親からアパートを相続することになりました。どうしたらいいのでしょうか? Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP