アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 住居併用アパートなら自宅部分について住宅ローン控除の適用もある

住居併用アパートなら自宅部分について住宅ローン控除の適用もある

住居併用アパートを建てようと考えている方は少なくないと思います。住居併用とは、自宅の居住部分と賃貸部分を併用して建てる建物のことです。こうした賃貸スタイルではプライバシーや人間関係が気になるということでしたら、同じ敷地内にアパートと自宅を建てるというタイプも考えていいかもしれません。住居併用アパートは融資を利用して建築した場合でも、家賃収入でローン返済を手助けしてくれますし、賃貸部分の安定収入で将来の収入不安に対して大きな安心材料になります。そればかりでなく、賃貸部分が併設されていることで住居のみを建てる場合に比べて様々な節税効果が得られます。

 

土地用途の変更による節税効果として、更地にアパートを建てると固定資産税や都市計画税が軽減されます。土地が200㎡以下であれば固定資産税が6分の1に、200㎡を超えると3分の1に軽減されます。また、賃貸部分にかかった出費を必要経費として税務上処理することができますので、給与所得と合算して所得税が軽減されるだけでなく、翌年の住民税も軽減されます。このほか、自宅部分に対応する分については住宅ローン控除の適用を受けることもできます。給与所得のサラリーマンには節税は不可能に近いのですが、賃貸併用住宅を建築することによってそれが可能になるわけですね。

 

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数のアパート専門の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の建築会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 住居併用アパートなら自宅部分について住宅ローン控除の適用もある Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP