アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > このまま放っておけば倒壊や防災が問題化。老朽化物件のリスクは投資採算性で判断する

このまま放っておけば倒壊や防災が問題化。老朽化物件のリスクは投資採算性で判断する

アパートを建てて10~15年もたちますと、汚れや小さな修繕が少しずつ目立ってきます。でも、まだ大丈夫。15年を過ぎるあたりは人間でいえばまだ壮年期。しかし、30年を過ぎるとアパートは老年期に入ります。この頃には空室だらけの老朽化したぼろアパートがある一方で、建てたばかりの新しい物件とあまり変わらない建物もあります。こうなると物件としての競争力には大きな格差が生じてきます。この違いはどこから生じるのでしょうか。それは壮年期の体力づくり、つまり、この時期にやるべき改修投資や管理を、やっておかなかったツケがあとで回ってくるわけですね。

 

これが老朽化のリスク。しかし、もう後の祭り。取り返しはつきません。そこであなたは決断を迫られることになりますこのままでは、老朽化のために家賃値上げも難しく、入居率も落ちていくばかり。さらには倒壊の恐れや防災上の問題だってあります。選択肢は、建て替え、大規模リニューアル、建物解体後土地売却の3つです。もっとも積極的な策は建て替えですが、これにより商品価値を高めることができるばかりか、土地・建物ともに借家権控除が適用され、評価減効果が復活するでしょう。また、新たに借り入れすることで相続税の債務控除だってできます。いいことばかりのようですが、それも立地や投資の負担度とのかねあいでしょう。投資採算性の比較は必ず行うべきでしょう。

 

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - このまま放っておけば倒壊や防災が問題化。老朽化物件のリスクは投資採算性で判断する Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP