アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 最悪の事態を考えた準備と、慎重な契約で防げる5つの落とし穴

最悪の事態を考えた準備と、慎重な契約で防げる5つの落とし穴

アパート経営は甘い話ばかりではありません。いろんなところに落とし穴が潜んでいることを肝に銘じてください。必要なのは最悪の事態を想定した対策を考えておくこと。真っ先に頭に浮かぶ落とし穴は(1)空室発生のリスク。空室が長く続けばアパートローンの返済にも影響し、返済ができなければ、土地とアパートを失ってしまいます。次に(2)滞納の落とし穴です。たとえ空室が発生しなくても滞納で家賃が入ってこなければ空室と同じこと。家賃の保証会社も増えてきましたから、そのことを契約に折り込むことで有効な対策になるはずです。

 

(3)は銀行融資の落とし穴です。入居率100%という前提でローンを組むと返済に困る事態になりかねません。また建設会社への建設費の支払いは何回かに分けて支払うことにしましょう。銀行への利息支払いも少なく済みます。(4)はメンテナンスの落とし穴です。建物は建築後10年あたりから汚れや欠陥が目立ってきます。また不測の災害や火事などで修繕しなければならない事態も起こりえます。修繕積立金などの準備が不可欠です。(5)は「家賃保証」の落とし穴です。まだ新築の間は高い家賃でも入居者がいますが、しだいに入居希望者が少なくなり、相場家賃でなければ入居者は見つからない時期がやってきます。こうなると家賃は下げざるを得ません。だからといって保証会社が最初の家賃を保証してくれることはないのです。

 

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の工務店から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の工務店から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 最悪の事態を考えた準備と、慎重な契約で防げる5つの落とし穴 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP