アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 坪単価を単純に比較するのは禁物。建築プランの中身、工事費の明細を総合評価

坪単価を単純に比較するのは禁物。建築プランの中身、工事費の明細を総合評価

アパートを建てるときに「坪単価」というのが問題になります。かんたんにいいますと、床面積1坪(3.3 ㎡)当たりの工事費のことですね。これは工事費の総額を延床面積で割って算出するのですが、実はこれが素人には分かりづらいです。建築会社によっては「延床面積」ではなく「施工床面積」で算出することがあるのです。「延床面積」には原則としてベランダや地下室、車庫、玄関ポーチなどは含まれませんが、「施工床面積」はそれを含んでいますから、「延床面積」よりも広くなって坪単価は安くなってしまいます。

 

また、工事の範囲によっても坪単価は異なってきます。仮設工事やアンテナ工事、照明器具などを計算に入れたかどうか、よく見ないと後になってトラブルのもとになりかねません。つまり坪単価は工事費を比べる指標ですのに、単純に比較しても意味のない数字だというわけです。では、建築費が妥当なものかどうかを判断するにはどうしたらいいのでしょうか。まず工事後に残る財産となる部分(材料費や直接工事費)にどれだけ予算を割いているかという比較は重視してよいでしょう。極端に安い建物というのは存在しないのですから、建設時のコストだけで安い高いを比べるのではなく、その建築会社が提案したプランの内容や完成後に必要となるメンテナンスの費用、設備機器等のランニングコストなど、総合的に評価することが重要といえます。

 

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 坪単価を単純に比較するのは禁物。建築プランの中身、工事費の明細を総合評価 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP