アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 土地活用の方法は様々だが、一番多いのはアパートやマンションを建てて貸すという方法

土地活用の方法は様々だが、一番多いのはアパートやマンションを建てて貸すという方法

手持ちの土地をどう活用したらいいのでしょうか。一番手軽なのは、そのまま駐車場や資材置き場として貸し出すことでしょう。少ない投資で済み、他の事業への転用や売却もスムーズ。相続のときにも利点があります。反面、固定資産税や所得税の優遇措置がありません。土地のまま貸すのはどうでしょうか。これも固定資産税や相続税の節税対策になり、まとまった保証金や毎月安定した地代が入る一方で、契約期間中は他に転用することができません。駅から遠い立地でも考えられるのはロードサイド店舗経営です。これは高い収益性が望め、管理業務の負担が小さくてすみます。しかし、初期投資資金が大きく、せっかくテナントが入っても撤退のリスクがないわけではありません。また、事業用借地方式は収益性に難があります。

 

この他にも売却するとか、等価交換での土地活用とか、開発会社との共同分譲など、土地活用方法は様々です(別表参照)。トランクルームやコインランドリー、コイン洗車場などの方法も考えられるかもしれません。しかし、一番多いのは「建物を建てて貸す」という方法です。アパートやマンションのような賃貸住宅の場合、安定した収入が確保でき、相続税・固定資産税の節税対策になるというメリットがあります。もちろん、立地条件、建物の条件などによっては入居率が悪いというリスクをかかえることになり、家賃の滞納などで収益性が落ちるという難しさもあります。やはり一長一短なのですね。

 

土地活用で肝心なことは短期的な利益を見込むのか、長期的な利益を見込むのかという基本的な方針でしょう。短期で多額の現金を得たい場合と、長期で安定的に収入を得るのでは活用方法は当然変わってきます。場合によってはある程度の借入れを起こす必要もあるでしょうが、それに耐えうる財産状況でなければリスクは大きいと覚悟しなければなりません。大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

土地活用の方法 良い点 悪い点
駐車場経営 少ない初期投資で済む 税制上の特典が少ない
転用や更地に簡単に戻せる 立体式駐車場の場合は転用や更地に戻しにくい
定期借地 土地を所有したまま分譲ができる 長期間にわたって転用ができない
税制上の優遇措置がある 賃料に比べて収益性はよくない
新たな借入が必要ない  
優良な資産として残せる  
ロードサイド店舗経営 収益性が高い テナントの撤退というリスクが予想される
管理業務の負担が小さくて済む 事業用借地方式は収益性に難がある
駅から遠くても事業が成立つ  
初期の投資資金が大きい  
土地売却 売却によって資産の組み替えができる 将来の収益機会を逃すことになる
相続税のための資金が確保できる 譲渡費用、譲渡税などの費用が発生する
等価交換 資金がなくても活用できる 土地の所有権を失う
交換することで自分の住まいを確保できる 減価償却はできないので税制上のメリットを失う
譲渡税の優遇措置がある  
オフィスビル・商業ビル 住宅に向かない土地でもビジネスが可能 建築コスト高く、負担が大きい空室リスクがあり、高額のためリスクが大きい
賃料収入が比較的高い
相続税、所得税対策に有利
アパート・マンション経営 軌道に乗れば安定収入を得られる 建物の法令上の制限に注意が必要
税制上の優遇措置がある 空室リスクがある
住居スタイルとして所有より賃貸という流れがあり、追い風になる 転用が困難になる
  一定時期になると売却損の可能性が出てくる


このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 土地活用の方法は様々だが、一番多いのはアパートやマンションを建てて貸すという方法 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP