アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 低金利時代だから、いくら借りられるかでなくいくらなら返済していけるかを考える

低金利時代だから、いくら借りられるかでなくいくらなら返済していけるかを考える

アパート経営に必要な資金を必要とするときに利用できるのが住宅ローン・アパートローンです。大きく分けて「民間ローン」と「不動産賃貸公的ローン」の2種類があります。
都市銀行・地方銀行・信託銀行・生保会社・JAなどの民間ローンは、金利や融資条件・返済条件・サービスによって多彩な商品があり、自由に選択できます。住宅金融公庫、年金資金運用基金、雇用・能力開発機構などの公的ローンは融資条件が厳しいのですが、低固定金利で返済計画が立てやすくなっています。どこの借入をする場合も、金融商品ごとに融資条件がありますので、自分がその条件に適しているかどうかを判断しなければなりません。

 

自己資金で頭金を用意するのが一般的ですが、100%借入というフルローンもあります。その場合は銀行がリスクを背負う形になりますので、よほどの高収入か担保物件がなければ難しいでしょう。アパート経営では返済期間が長くなるのが一般的です。返済終了時の年齢など考慮して無理のない計画で金融商品を選びたいものです。この場合、注意したいのはローンを「いくら借りられるか」よりも「いくらなら返済していけるか」ということ。ローン返済の負担はひと頃より大幅に軽くなっています。月々のローン返済額より物件から得られる純利益の方が大きければよいわけです。

 

「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。そればかりでなく、「複数のアパート専門の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の建築会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用して、複数社からアパート建築プランを取り寄せてみませんか。お気軽にお問い合わせください。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 低金利時代だから、いくら借りられるかでなくいくらなら返済していけるかを考える Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP