アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 退去理由は「狭い」「環境が悪い」「設備が古い」。謙虚に受け止めて長期入居につないでいく

退去理由は「狭い」「環境が悪い」「設備が古い」。謙虚に受け止めて長期入居につないでいく

アパート経営も、最近では管理業者に管理一切をまかせるケースが増えてきました。それでも入居者、建設や管理をする会社、アパートのオーナーの間で問題が全くなくなる訳ではありません。入居者管理でもっとも注意するべきは、①空き部屋対策、②滞納管理、③退去時管理の3点です。賃貸経営成功のポイントは長期入居です。入居者が引っ越したら、その理由を謙虚に受け止めて改善策を練らなければなりません。空き部屋が長く続けばローンの返済にも影響してきます。ある調査では、退去理由は「狭い」、「環境が悪い」、「設備が古い」、「近隣トラブル」、「もっといいところが見つかった」の順となっています。

 

②家賃滞納はアパート経営の中でも大きな問題です。最近は賃貸管理という仕事がビジネスとして確立され、「家賃債務保証サービス」が急成長しています。入居者にとっても、連帯保証人が不要になるというメリットが大きいため普及が進んでいます。③の退去時管理でトラブルになりがちなのは、入居者の管理責任はどこまであるかという問題です。通常のクリーニングで除去できる程度の汚れは、自然損耗と判断されるので注意が必要です。東京都では、仲介する宅建業者に入居者への原状回復に対する負担割合の説明を義務付けています。トラブル回避は入居前の説明にあるからです。

 

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数のアパート専門の建築会社から建築費用の見積りを、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の建築会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用して、複数社からアパート建築プランを取り寄せてみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 退去理由は「狭い」「環境が悪い」「設備が古い」。謙虚に受け止めて長期入居につないでいく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP