アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 敷金の精算でトラブルになる話をよく耳にします。トラブルを避けるコツはありますか?

敷金の精算でトラブルになる話をよく耳にします。トラブルを避けるコツはありますか?

敷金とは入居者が家主に預ける保証金のこと
借家人による敷金返還請求訴訟の話をよく聞きます。2003年の法律改正で従来の弁護士に加えて司法書士も簡裁代理権を取得したということがあり、法律がいちだんと身近になってそのたぐいの件数が急増したといってよいでしょう。これまで大家さんは敷金返還にあたって、修繕費などを控除して賃借人に返還することが認められてきました。しかし、敷金には家主に預ける保証金という性格があるのですから、敷金は誰のものかといえば、入居者のものであるのは間違いありません。

特別の事情がないかぎり敷金は全額返還するもの
トラブルが生じるのは、この点についての認識が大家さん、入居者の双方で曖昧であることが原因といえるでしょう。つまり入居者が通常の使用を超えるような使い方をした場合を除いて、大家さんは敷金を入居者に速やかに返還する義務があるということです。もっと具体的にいいますと、飲み物を絨毯にこぼした跡や、家具を置いた跡、全体に古ぼけて汚れてしまった壁紙などは、時間がたてば自然に生じる損耗と見なされ、「通常でない使用」とはいえないのです。大家さんがトラブルを避けようと考えるのであれば、敷金は入居者のものなのですから、特別の事情でないかぎり全額返還するものと認識しておくことでしょうね。

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では、市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 敷金の精算でトラブルになる話をよく耳にします。トラブルを避けるコツはありますか? Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP