アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 3つの経営手法のどれを選ぶかで大きく違ってくる収益性=利回り

3つの経営手法のどれを選ぶかで大きく違ってくる収益性=利回り

アパート経営も、最近は多様化していろいろな手法が考えられています。大きく分けますと、「一括借り上げ」、「管理会社に管理委託」、「自分たちですべて運営」の3つです。まず「一括借り上げ」ですが、これは家賃保証・サブリース契約ともいわれます。アパートのオーナーは部屋をすべて業者に貸し出し、その業者が入居者を募集します。オーナーは入居率に関わらず一定の賃料を受け取ることができ、空室リスクなしの確実な収入が見込める管理方法です。

 

次に管理業者に委託する方法です。毎月一定の管理料を支払う必要がありますが、掃除やお手入れ、入居者の審査業務なども代行してもらいます。入ってくる賃料は入居者が支払った分だけ。当然、空室リスクはオーナーが負います。最後に、自分たちで運営する「自主管理」という方法です。賃貸の募集以外の管理をすべて自分で行い、支払う手数料は小さくなりますが、その分アパート建物自体の管理や保守なども行う必要があるので大変です。3つの方法のどれを選ぶかは収益に関わってくる問題です。

 

アパート経営の収益性は「利回り」で表します。1年間に得られる収益額を投資総額で割ったものです。家賃収入から税金、管理費、修繕費などの各種費用を控除したもの(実質収入)を投資総額で割るのですから、先ほどの手法の違いによって利回りは大きく左右されることになります。

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数のアパート専門の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の建築会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 3つの経営手法のどれを選ぶかで大きく違ってくる収益性=利回り Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP