アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 入居者リスクを避けるため、入居時の審査で注意したいことは?

入居者リスクを避けるため、入居時の審査で注意したいことは?

提出書類の書き方でも人物の信用性をはかる
入居者リスクの最たるものは家賃の滞納、空室の発生でしょう。家賃滞納については、必ず保証人をつける、保証会社をつける。空室リスクが不安であれば家賃保証制度(サブリース)をあらかじめ準備しておくなど、万が一に備えたリスク対策を考えておかなければなりません。また入居時の厳密な審査も不可欠です。賃貸管理をお願いしている会社に厳重な審査をしてもらうのはもちろんですが、自分でも、勤務先、収入、引っ越し理由、同居人の有無など、入居希望者の属性をしっかり押さえておく必要があります。提出してもらう書類の書き方なども人物の信用性を知る上で有効です。


入居者欄に書かれていない人が出入りしていないか
最近はまた、不正入居者による問題が浮上してきました。これは往々にして転貸しの問題とセットになっていることが多いようです。無職の子供に親が借りてあげるという親子関係などは大きな問題とはいえませんが、これが反社会的な人に転貸しているとなると警察を巻き込んだ問題になってしまいます。入居時にチェックすると同時に、入居後も入居者欄にない人がいないか日常的に注意しなければなりません。また、そうした場合の契約解除の手続きについても専門家のアドバイスを得ておく必要があります。


大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では、市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 入居者リスクを避けるため、入居時の審査で注意したいことは? Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP