アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 数年ごとに家賃を見直す契約。これが「35年一括借り上げ」のトリック

数年ごとに家賃を見直す契約。これが「35年一括借り上げ」のトリック

アパート経営の手法の一つに、「一括借り上げ」(家賃保証・サブリース)があると説明しましたが、これはすべての部屋を業者に貸し出して入居率に関係なく、一定の賃料を受け取るというものです。業者の取り分がありますので、本来満室時の家賃よりは受け取り家賃が減りますが、空室を心配しないで確実な収入が見込めるので人気があります。しかし、この方式、いいことばかりではありません。実は様々なトラブルが発生しているのも事実なのです。

 

一番多いトラブルは「35年一括借り上げ」で家賃保証という言葉に惑わされてしまうことです。保証といっても、今の家賃を35年間保証してくれるという訳ではなく、契約は数年ごとに保証家賃の見直し(つまり値下げということですね)ができるようになっています。業者の方も一方的にリスクは負えませんからね。トラブルが生じて契約書を読み直したら、家賃が変更される特約や契約になっているのに初めて気づくオーナーも少なくありません。また再契約や修繕費などの負担が取り決められていることもあります。

 

つまり、「35年一括借り上げ」とはいっても、今の家賃が保証され続けるわけではないのです。成功率が高いアパート経営もウマイ話ばかりではないのです。大切なことは、空室が続かない物件を最初に作るという、ごく当たり前のことに落ち着きそうです。

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数のアパート専門の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の建築会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 数年ごとに家賃を見直す契約。これが「35年一括借り上げ」のトリック Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP