アパート経営成功ノウハウ

立上げ秘話

私は、賃貸住宅業界(お部屋探しの斡旋、投資用不動産売買、賃貸住宅専門建築、賃貸管理、家賃査定)に長きにわたり携わってきました。
この業界で仕事をしてきて、一番強く思ったことは、住宅(マイホーム)や、お部屋探しに関する情報は多いが『賃貸住宅建築』情報が非常に少なく、知識をもっている人も少ないということでした。
賃貸住宅の建築と、自分の家を建てるマイホームは全くもって別物なのに。

賃貸住宅の情報が少ないため、大半の方は、住宅展示場、知人の紹介や自宅を建てた建築会社に頼むことが一般的です。
そんな中で、確実に言えることは、複数社比較せずに一社に頼む場合、建築費が高くなります。
また、住宅をメインで行っている会社もしくは部門は、賃貸住宅建築及び経営のノウハウがあまりありません。これは、私が住宅展示場を訪問営業していた頃、痛感したことです。

知らずに建築することの怖さ。
安心して比較できるHPをつくるきっかけ

話は戻りますが、建築費が高いということは、事業である賃貸住宅にとっては、何よりもリスクが高くなることです。
ここで、一番問題なのが、自分が好きな会社ブランドで建てたからといっても、お部屋を借りる入居者にとっては全くと言っていいほど、部屋を決めてもらえることに関係なく、家賃にも反映されない悲しい現実があるのです。

建築費が高くても、隠す方法が家賃保証です。空室の時でも家賃をオーナーに支払うというシステムです。
家賃保証は必ずしも悪いとは言いませんが、契約内容には充分気を付けてください。
家賃を高く設定すると、事業計画が驚くほど良くなります。
しかし、どんな大手会社でも相場賃料に逆らうことは出来ません。
家賃保証をしている場合で、家賃が高く、空室が多い場合は、何年後かには、家賃保証金額が下がるという罠があります。
他にも、何年後に大規模修繕をしないと、家賃保証しないというものもあります。これは、競合させないことによって、修繕費で建築会社が多大な利益を得ている。場合によっては、家賃保証で損失した部分の穴埋めをするという罠です。
最悪の場合は、更新時に、更新せずに家賃保証を辞めてしまう場合もあります。

これは、莫大な金額を投資する事業であるにも関わらず、知らないで建築すると危険だなと確信しました。
実際、相場に反した家賃設定や、入居する需要がない土地に賃貸住宅を建てたら、土地を取られたという話も耳にはさんだことがあります。
適正な家賃相場で、採算が合わない場合は、その建築会社では、建築することをお勧めしません。
他にも色々とありますが、このようなことを知っているのは業界にいたからであって、もし、私が業界のことを知らないで賃貸住宅を建てるとしたら、絶対にどうしたらいいか分からないし不安でしょうがない。
そしたら、建築会社の内情を知っている人が情報を提供する場所と賃貸建築会社を紹介斡旋してくれる場所があればいいな!!と思いました。
そのような思いから、このサイトを作ることを決めました。

最後に、土地も人と同じで、十人十色です。その土地に応じて、土地の有効活用方法は変わってきます。優良な建築会社を何社か紹介することによって、より洗練され、お客様にとって、ベストな土地有効活用を提供致します。

追伸:今回紹介する会社が複数社にしているのは、なぜかというと、一つは、競合させることによって、建築費の相場が分かり、建築費が下がるというものです。
二つ目は、会社によって設計プランが異なるというものです。プランによって、収支は大きく変わります。
私も、建築営業をしていた頃、オーナー様より、『他の建築会社から、あなたの会社が設計したプランは建たない』と言われたことが多々ありました。
実際は、ちゃんと審査も通過して、建っております。
建築法令は複雑です。会社にも強み弱みがあります。
建築商談中の方も、是非、こちらのサイトから、一括資料請求して比較検討してみてください。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 立上げ秘話 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP