大家さん体験談

TOP > 大家さん体験談 > 体験談1 60代 夫婦「住居併用住宅にしたことで、賃貸収入で返済金額をほぼ補うことが出来た」
体験談1 60代 夫婦「住居併用住宅にしたことで、賃貸収入で返済金額をほぼ補うことが出来た」

建築した目的は何ですか?

子供達も所帯を持ち、自立したため、部屋が余ってしまい、掃除も大変だったんです。また、前の家は階段があったり、段差等ある家だったので、これからの年齢を考えると、前の家だと、色々と不自由するので、建て替えを決めました。


なんで、賃貸併用住宅だったのか?

自宅だけ建ててしまうと、建築費すべて支払わないといけないじゃないですか? 貯金は多少ありましたが、年金生活だけで、建築費用の返済をするのは、不安だったのです。
賃貸があると収入が出来るので、その収入で返済金に充てることによって、年金からほとんど、返済にあてなくてすんだので、不安がなくなりました。


自宅と賃貸を別々に建てることは考えなかったんですか?

ええ、考えましたが、比較検討した結果、自宅と賃貸住宅を別々に建てるより、住居併用住宅にした方が、返済もだいぶ楽になるので、住居併用住宅にしました。
結果、賃貸収入で返済金額を、ほぼ補うことができました。


業者選定の決め手はどこですか?

自分が住む家でもあったので、デザインと間取りは大切にしました。何社か検討していましたが、建築会社さんが建てた建物を実際に見て、2社に絞りました。最後は、より親身になって対応してくれた、営業マンで決めました。
こちらの無理な要望にも、きちんと応えてくれたんです。
最後は、人ですかね(笑)


複数社検討して良かったですか?

はい。建築会社によって、デザインや設備が全く違っていたので、複数社見ることによって、自分の気に入った建築会社に巡り合うことができました~


これから、アパート建築を検討している方へのメッセージをお願いします。

私の土地は、生活スタイルにあった自分の部屋と、賃貸部分含めて建てることができ、非常に満足できました。
自宅を建て替える際は、是非、マンション暮らしが嫌でなければ住居併用住宅も検討されてみては、いかがでしょうか?

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 体験談1 60代 夫婦「住居併用住宅にしたことで、賃貸収入で返済金額をほぼ補うことが出来た」 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP