アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパート建築、ハウスメーカーと工務店の違い(デメリット編)【スタッフブログ21話】

アパート建築、ハウスメーカーと工務店の違い(デメリット編)【スタッフブログ21話】

ハウスメーカーと工務店のメリットについて前回述べさせていただきました。今回は、デメリットについて、そしてハウスメーカーと工務店の中間に位置する建築会社の台頭についてお話いたします。

ハウスメーカーと工務店のデメリットについて

【ハウスメーカー】

■企画商品を主に販売しているので、変形地や狭小地が苦手。

■プランの設計の自由度が低いため、最大限土地を活用した提案ができない場合もある

■会社運営が組織化されているため、オーナーの特殊な要望に応えることが難しい

■広告費、営業費、開発費、運営費、人件費などのコストを建築費に上乗せしているため、建築費用が高い

 

【工務店】

■会社規模が小さいため、信用の不安がある

■各メーカーのショウルームに足を運ぶこともあるので、労力が多少かかる

■融資の銀行提携先が少ない

■カタログ、ホームページ、モデルルームなど、充実していないため、建物イメージがつきにくい

 

工務店のハウスメーカー化

大手建築会社、大手鉄鋼メーカーのノウハウを活用し、保証してもらうことによって、企画商品化している工務店が勢いを伸ばしています。

会社規模はそんなに大きくないが、建築費用は安いというものです。また、デザイン力も上がってきています。つまりハウスメーカーのメリットを取り入れ、工務店のデメリットを少なくしているということです。

 

アパート建築・購入のコツは複数の会社から話を聞くこと

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査からアパート建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円、何億円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。アパート建築を検討の方は「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

アパート建築、ハウスメーカーと工務店の違い(メリット編)

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパート建築、ハウスメーカーと工務店の違い(デメリット編)【スタッフブログ21話】 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP