アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > 8割の人が部屋の広さより「バス・トイレ別」を優先する最近の入居者ニーズ

8割の人が部屋の広さより「バス・トイレ別」を優先する最近の入居者ニーズ

よくニュースで高齢化、少子化、一人暮らしなどの話題が流れますが、不動産の世界ではどこよりも早くそうした傾向が現実化してきました。夫婦二人、一人暮らしといった少人数世帯が増える一方で、ファミリー世帯が急速に少なくなっているのです。一人暮らしが増えているのは若い世代の晩婚化と、高齢化でお年寄りの一人暮らしが増えているからですね。夫婦だけの世帯が目立ってきたのは、子供が独立した高齢カップルの増加が原因。これからアパート経営を考えるとき、こうした世の中の変化を軽視してはなりません。それはアパートの建物や間取り、必要とされる設備などに反映されるからです。

 

最近発表された設備に関する入居者ニーズの調査では、絶対必要な設備は「エアコン」、「バス・トイレ別」、「ガスコンロキッチン」が上位。特にバス・トイレ別は、8割近くの人が部屋の広さよりもそちらを優先すると答えており、これがないと家賃を下げても入らないというほどの人気ぶりです。また最近の世情を反映して、オートロックや防犯カメラも必要と考える人が増えており、更に音楽大学周辺であれば防音設備の部屋、学生や若いサラリーマンが多い地域では光ファイバー等の高速通信設備など、地域や客層に合わせたきめ細かいアイデアが求められているといえそうです。

 

アパート経営はなかなかムズカシイ時代に入っているのですが、それでもできるだけリスクのない方法といえば、「複数のアパート専門の建築会社から見積りを取り、比較をしてみる」ことです。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するわけですから、慎重の上にも慎重に。複数の建築会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。大家さんのための経営成功術をご紹介する「スゴイ大家さん.com」の無料一括見積りなら、複数社からアパート建築プランの取り寄せができます。まずはお気軽にお問い合わせください。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 8割の人が部屋の広さより「バス・トイレ別」を優先する最近の入居者ニーズ Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP