アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > リフォーム・修繕費用はアパート経営のリスク要因。オーナーの4割が修繕積立金を準備している

リフォーム・修繕費用はアパート経営のリスク要因。オーナーの4割が修繕積立金を準備している

築20年程度なのに取り壊さなければならないアパートと、30年以上経っても問題のないアパートの違いは定期的な修繕やリフォームをきちんと行っているかどうかの違いといえます。アパートは人が暮らす空間ですから、どうしても月日が経つと外観・内装ともに汚れてくるものです。アパートの建物価値はそれに比例して下がっていくものですが、もっとも大きな影響をおよぼすのは建物の外観です。つまり修繕・リフォームのポイントはまずは外観からと考えるのがいいわけですね。

 

下見に来る人は外観が悪かったら、部屋の中を見る前に帰ってしまいます。このため、外まわりの玄関、ベランダ、外装は日頃のチェックを欠かせません。このほかにも雨どい、雨漏り、配水管、非常階段などの鉄部の塗り替えなどは建物の印象に影響します。更に外壁は常に注意をはらい、どんなに小さな劣化も見逃さないことです。一方、室内では、トイレやバス、キッチンなど、水回りをリフォームすることで物件の清潔感が一新し、部屋の印象が明るくなります。水回りの見た目が悪いと入居希望者はあまりいい印象を持たないものです。

 

リフォームや修繕は大きな出費につながり、アパート経営においてリスク要因となります。このため首都圏のオーナーのうち約4割弱は修繕積立金を積み立てているという調査結果があります。

大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数のアパート専門の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の建築会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - リフォーム・修繕費用はアパート経営のリスク要因。オーナーの4割が修繕積立金を準備している Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP