アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパート建築のローンを借りるときも団体生命保険に加入すべきでしょうか?

アパート建築のローンを借りるときも団体生命保険に加入すべきでしょうか?

ローンの評価は担保力と収益性
アパートローンとは住宅以外の不動産向けのローンです。賃貸用のアパート・マンション、店舗、事務所などが対象です。アパートローンの審査基準は銀行により異なりますが、物件の担保力、物件の収益性、借入人の人物や返済能力で評価されます。特に重視されるのは、物件の担保力と収益性です。その結果、銀行の査定によりますが、アパート物件価格のおよそ7割程度の融資を受けることができます。購入物件の担保価値が高ければ更に多くの融資が受けられ、場合によっては全額フルローンもあります。


住宅ローンと違ってアパートローンでは加入が自由
さて、団体信用生命保険は万一のことが起こったときのために入る保険であり、債務残額のすべてが保険会社によって保証されるというものです。残された家族のための保険といってよいでしょう。団体信用生命保険は住宅ローンと異なり、アパートローンでは必ず加入するものではありません。別に加入しなくても構いませんが、加入したい場合は保険料自己負担となります。ただし、これも最近では、金融機関負担とするものも出てきているようです。保険料はローン返済金利に含まれる場合と別途支払う場合があります。 金融機関によっては3万~5万円程度の事務手数料を支払うことがあります。


大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では、市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社からアパート建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパート建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

 

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパート建築のローンを借りるときも団体生命保険に加入すべきでしょうか? Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP