アパート経営成功ノウハウ

TOP > アパート経営成功ノウハウ > アパート物件の一棟購入は新築と中古どちらが有利?

アパート物件の一棟購入は新築と中古どちらが有利?

初期投資額は安いが、家賃も安くなる中古物件
クルマを購入するとき、新品よりも中古の方が安くなるように、アパートも中古と同じ金額で新築を購入しようとしますと、立地や間取り、外装、設備などの条件を大幅に引き下げなければならなくなります。初期投資額では有利な中古物件なのですが、築年数相応に維持費、修繕費の負担が大きくなったり、賃料が高いままで入居している入居者には入れ替え時に賃料を下げなければならなくなったりなどのリスクもあります。そういう事態も計算しておかないと事業計画が大きく変わってしまいますね。


一長一短の新築と中古。慎重な判断を
それでも中古アパートの大きなメリットは、物件を購入した時点で、既に入居者が存在するということです。新築アパートの購入だと入居者はゼロ。1から募集をかけて空室を埋めていかなければならないので手間も、費用も、リスクも中古物件とは格段の違いです。こうして比較すると中古アパートの有利さばかりが目立つのですが、必ずしもそうではありません。オートロックや浴室乾燥機、ウォシュレット、追焚き機能など人気設備は新築物件の大きな魅力ですし、中古物件には耐震の法律が改正された1981年以前のアパートだと構造が甘いなどのマイナス面もあります。選択に当たっては慎重な判断が必要です。


大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」
大家さんへの経営成功術を紹介する「スゴい大家さん.com」では、市場調査から建築プランまで無料でお手伝い。また、「複数の建築会社から建築費用の見積りを取り、比較をしてみる」ことができます。何千万円ものお金を投じてアパートを建築するのですから一社だけのお話で判断してしまうのは危険です。複数の会社から話を聞きますと、価格以外にもデザインや設備など、会社ごとに特徴があるのが分かります。「スゴい大家さん.com」の無料一括見積りを利用してみませんか。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アパート物件の一棟購入は新築と中古どちらが有利? Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
関連記事:

アパート建築に関する一括資料請求

PAGE TOP